過去の活動内容の紹介

現場に活かせる勉強会③レポート

今日はケアコミュニティー主催の

第2回目の勉強会でした。

今回、講師としてお招きしたのは

助産師歴32年と言う大ベテランの

山本 恵美子先生です。

20101123_001

先生は現在、

門真市内の飯藤産婦人科で

お勤めですが

産後のケアに現場でアロマセラピーを

とり入れていらっしゃいます。

今日のお話の中で

最も興味深かったのは

おっぱいの出をよくするために

出産直後から行われる

アロマトリートメントの結果報告です。

初産婦、経産婦とも

実施して2~3日目に

割合にするとなんと

60%もの方が

母乳の分泌上昇がみられたそうです。

素晴らしいことですね

先生が勤務されている病院では

現在、看護師の方が看護業務の中で

有償でトリートメントを実践されているとのことでした。

前半は妊娠中から産後までの母体の変化

についてのお話でした。

さすが、現場の助産師さんだけあり

初めて聞くお話もあって大変参考になりました。

自分が妊娠中に知っておきたかったな。

また、先生は東洋医学の理論を

アロマトリートメントに採り入れておられ

産後のケアに有効な経絡・経穴も

デモンストレーションの中で

お披露目いただきました。

お母さんが赤ちゃんに

おっぱいを飲ませる時間は

お母さんと赤ちゃんの絆を深く強くします。

その力の偉大さを多くのお母さんに

体験して欲しい!

だからいっぱいオッパイだしてね

そんな真摯で熱い想いがこもったトリートメントでした。

そして、特別にお灸体験もあり

先生曰く、お灸とアロマトリートメントの

組み合わせは最高

だそうです。

その他、先生ご自身の出産の実体験のお話など

かなりブラックな本音トークもありましたが

そのような経験をさえながらも

まるで他人事のように客観的に

淡々とかつユーモアたっぷりにお話をされる

山本先生に職業人としての強さを感じました。

もしも出産の時に山本先生が助産師だったら

私の出産体験ももっと

ドラマチックなものになっていたかも

知れません。

私たちアロマセラピストにもできることは

きっとあるに違いない。

でも「何ができるのか」を

理解するためにも

妊娠・分娩・出産・産褥に対する

基礎的な知識を持つ必要性を

改めて感じた1日でした。

またお時間を頂戴して

さらに詳しいお話を山本先生に

お願いしたいと思います。

山本先生、お忙しい中

本当に有り難うございました。

レポート: 見谷 貴代

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現場に活かせる勉強会① レポート

10月31日(日)ハロウィンの日第一回の勉強会 参加者19名 rain

「アロマセラピートリートメントに活かすナースの視点」を開催しました。

20101031_003

講師は訪問看護のベテラン看護師さんです。在宅医療について、訪問看護利用の手順に始まり、利用者さんの傾向や在宅療養での不安内容など、そしてもちろん現場で実践されているアロマセラピーについてのお話しをしていただきました。訪問看護四方山話では在宅で看取られた方の症例もお話しいただき、質疑応答では、セラピストが現場で困っていること、そして実際の方法などをレクチャーしていただきました。

20101031_004 穏やかながら現場を知ってる方ならではの淡々とした口調でのお話しは流石説得力があります。アロマセラピストは普段みることのない胃瘻や褥瘡の写真を見ながら彼女が考えるところの訪問看護でのケアの有り方、そしてそれがアロマセラピストが行うケアと通じるものがあるという考え方を語ってくれました。彼女の言う「介護力」それは技術プラスアルファ―の気配りだと感じました。技術はあって当たり前、そこにプラスアルファー経験と応用から生まれる気配りを実践する力。そこに介護者のしなやかなアイデアとちょっとしたユーモアや優しさが加わって作られるもの。そんな風に感じました。これってアロマセラピーにも通じますよね。そしてこれからその介護力の一部を担うため、セラピストが看護・介護現場に入っていくことは必要になってくるでしょう。そのためにはセラピストも今の技術だけに満足せず、経験を重ねて、学びの姿勢を持つことが大切なのです。私たちの能力はこれからもっと求められる時代になると感じました。

同業種&異業種交流の懇親会20101031_008

一つのセミナーという共通項を持った人の集まり、せっかく集まったのだから話をしましょうよ。というわけで、1時間だけですが、懇親会を行いました。広島から来てくれた参加者さんはもみじまんじゅうを大阪の参加者さんからもとーふドーナツを、講師の加藤さんも京都に来てからわざわざ買ってきてくれたお菓子をさしいれてくれました。私は一人一人の方と話をするうちに皆さんがいろんな思いをもって参加されていることを知りました。冒頭のあいさつで話をしましたが、この会にはただ待ってるだけでなく、何かをしたいと提案して、それをいっしょに実践できる人たちに参加してほしいと。だって、何かをいっしょにするって、大変なことも多いですが、楽しいですよ。そしてやってみて初めて学びになることがあるのです。今回、第一回目の勉強会ではたくさんの方が力を貸してくれました。何かを学びたいという気持ちを持っているだけでなく、うまく伝え合って牛歩であっても皆で歩む会をめざしたいです。本当に24時間体制でお忙しい業務の中こころよく講師を引き受けてくださった加藤さん、ご参加いただいた皆様、ボランティアでお手伝いいただいた皆様本当にありがとうございました。これからもいっしょに歩んでいきましょう。

次回の勉強会は2月5日妊産婦さんへのケアシリーズです。実技も含めた面白い内容になりそうです。詳細は後日改めて掲載いたします。

レポート 代表 櫻井 かづみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PL病院「語り合う会」でのセミナー

2010年9月16日、メンバーの中村真澄さん、スタッフの裏野仁美さん、と私、藤永裕
美の3名で、「介護・医療現場とアロマセラピー」をテーマに、治療の補完やQOLの向
上のために活用されるアロマセラピーの有効性と実践について、お話して参りました。

この語り合う会は、医師・看護師・患者・家族・遺族など垣根を越えて、今後の医療
や看護に役立つ情報を提供し、情報交換しよう!をコンセプトに院内にて年4回開催
される会です。以前アロマセラピーをテーマにお話した時のは、すでに7年前になり、
今回は具体的な現場での私達の取り組みをお話させて頂きました。

「緩和ケア」中村真澄さん
堺市内の緩和ケア科での3年間の活動の歩みをお話してくださいました。
中村さんがトリートメント担当され、その後、旅立たれ患者さんとの思い出や会話、
効果的であったトリートメントの臨床報告をされました。
エンジェルケアとして、精油が利用されている事や、こちらの病院で亡くなられた方
の慰霊祭に中村さんを中心としたアロマケアグループが招かれたそうです。
このお話からも、こちらの病院では、なくてはならないケアのひとつとして、現場の
看護師や医師から、何より患者さん・遺族の方から、認識されているんだなあ、と感
動しました。
着実に歩まれた中村さんの努力と、細やかなケアが印象に残る報告でした。

「高齢者ケア」裏野仁美さん
高齢者施設での、アロマケアを、導入の目的・心掛けを中心にお話してくださいまし
た。
信頼関係を築く為、ご本人の意思や価値観を尊重、又生活サイクルを尊重すること。
やさしいタッチング・コミュニケーションはもちろん、安楽な時間の提供の為、快適
な空間作りを考え、活動されています。
トリートメントの後は、必ず未来に繋がる言葉をかけてから、退室するそうです。
患者さんに生きる力・励みを与える温かい活動をされているなあと実感しました。

「精神科での作業療法としてのアロマセラピー」藤永裕美
最後は、精神科でのプログラムを体験頂き、実際に精油やキャリアオイルを手に取っ
て頂きました。
プログラム例として、1・香りチェック 2・クラフト作り(生活用品をメインに)
 3・アロマトリートメント と3項目にわけての体験です。
診療所では、患者さんが家族やスタッフとのコミュニケーションツールとして親しみ、
心と身体の両面のリラクゼーション効果を狙い、社会復帰にむけてのきっかけ作りの
提供を目的としています。
香りチェックでは、好きな香を選んで、体調や時間・天気による好みの変化を体験、
トリートメントではペアになりお互いのハンドマッサージをして、施術する側・され
る側の両方を体験して頂きました。初対面同士の方も、自然に「気持ちいい」「あり
がとう」の言葉がこぼれ、笑顔があふれました。
アロマは初めてです!という方にもタッチングや香りの効果を、理解し楽しんで頂け
たと思います。

定員の40名を越えて、56名の方がご参加下さいました。
7年前よりも、アロマセラピーが確実に浸透している!と実感でき、私達セラピスト
にも励みになった2時間のセミナーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月23日現実逃避ツアー無事終了!!

セラピストも日々の疲れがたまっています。たまには現実逃避したいよねーということで決まった初回のイベントで布引ハーブ園さんへうかがってきました。あいにくの前日からの雨でしたが、当日はくもっていたものの、夕方まで雨は降らず、11名の参加者さん達も全行程を終了することができました。 

現地集合でまずはビュッフェスタイルのランチからゆるゆるとツアーはスタートしました。食事からスタートというのがケアコミュらしいねと、スタッフからの声。とても美しい空間でプレートも素敵なデザインですこしずつ色々なものが食べれるよう工夫されています。野菜がメインですが、チキンやポークも使ったバランスの良いメニューです。なかでも薬草の入ったカレーが人気でした。デザートも充実していて、果物のコンポートやハーブティーもポットで自由に入れるようになっています。60分では短すぎるー!と、次のハーブ園ガイドツアーが10分遅れになりました。 20100512_008

ガイドツアーは約1時間、最初は若干皆腰がひけていたのですが、後半は前のめりで写真をとったり、うなずいたり。一つの花壇にテーマ別のハーブを植えているので、この季節元気なハーブあり、そうでないものありで季節感そして、香りや味も楽しみました。ガイドのお姉さんありがとうございました。アロマセラピストでもハーブ見たことない人意外の多いので良い勉強になりました。  20100512_047_2

ガイドツアーからゆるゆると風の丘方面へわき道にあるベリーを摘んだりしながらラベンダーエリアへ、いざラベンダー摘みへ。この季節限定なんですね。それに雨天中止なので、ほんとぎりぎりセーフでした。うれしそうにラベンダーを摘む皆さんの笑顔、年齢・性別問わず全員ミスラベンダーになりきっていました。(*^_^*) やっぱり生のラベンダーの香りっていいですねー蜂も戯れつつ15本のラベンダーを大切に持ち帰りました。20100512_067

1時間ちょっとの自由時間で皆さん温室にいかれていましたね。私達も温室へ…オーバナナがなってるー、ハイビスカスやーゼラニウムもあるよーなどと感動しながら…

最終工程の呼吸法です。今回は元スポーツインストラクターさんが簡単なストレッチを風の丘で行ってくれました。バッタや虫が飛び交う雨上がりのStretch21_2 湿った芝生の上に敷物を敷いて少し身体を動かすと眠気を誘いました。自分でも知らない間につかれてるんやなあ。と、ほぼ終了の頃優しい雨が降ってきました。

急いでケーブルのりばへ避難。そこの小さな空間で自己紹介。自由解散。11001500までケアコミュ第1回イベントは無事終了いたしました。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。これからもケアコミュは亀の歩みですが、一歩一歩大切にすすんでまいります。次回は1031日に勉強会開催します。お楽しみに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日更新 企業セミナー

  「メンタルヘルスケアとアロマセラピー」

2007年 7月 企業セミナー実施 
ストレスがたまると人の体はどうなるか?
そのストレス解消法の一つとして、アロマセラピーを紹介。
メンタルヘルスケアの重要性とアロマセラピーで出来る簡単なケアを学ぶセミナー。
実際にエッセンシャルオイルの香りを香っていただき、感じてもらう。
ペアになってハンドトリートメントを実際に経験していただきました。
少し、体に触れるだけで、日々のストレスの原因をたくさんお話されました。
自分と向き合ういい時間になったと思います。
Pict0046_2 Pict0039_2
 

(責任者: 中村 真澄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日更新 ボランティア講座

・ 高石市ふれあいゾーン複合センター 『ボランティア講座』 

当時は、まだ、アロマセラピーのボランティア活動を、ご存知で無い方が多い中で、私自身が行っていた事や友人のセラピストのボランティア活動について、お話をさせて頂きました。
講習会に参加された方が、ボランティア活動のひとつとして『アロマセラピー』を実践して頂けるように、講義とハンドトリートメントの実習を行いました。(
2003年2月15日、3月1日) 

・ (株)日本エスコン

モデルルームに、ご来場の方にハンドトリートメントとオリジナルシャンプー作りのミニレッスンをさせて頂きました。無香料のシャンプーを使って、お好きな香りや髪質に合った精油をブレンドしてオリジナルシャンプーを作って頂き、好評でした。早速、オリジナルシャンプーを使用された方が、レッスンの翌日に『とても良かった。』と、再びモデルルームに足を運んで下さった方もいらっしゃいました。
(ネバーランド江坂 2004年9月25日、26日)
(ネバーランド泉大津 2005年8月20日、21日) 

(責任者: 裏野 仁美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)